自動車保険の加入

対物賠償保険は無制限のものへ

事故にあったとき特に車がバスやタクシー、市電、JR、トレーラーなどだった場合や建物がコンビニやレストランなどの飲食店、またはパチンコだった場合はかなりの損失と損害が両者にのしかかってきますので、大変なことになりかねません。
その修繕期間中の営業の補償や壊れた商品・最悪は従業員の給与も事故が大きければ大きいほど億を越す損害になってしまうこともあります。

 

たとえただの自家用車あっても相手が高級車となると相手に過失がない場合はこちらの負担額がその分おおきくなります。

 

また交通機関のストップを余儀なくされ何万人の足がなくなってしまう最悪なケースほど負担額はおおきく一生棒にふることもありえるのです。

これは自賠責保険だけかけていてもとても個人では払いきれる額ではありません。車を所有する義務さえ補っていればいいやという軽い気持ちではこうした事故のとき対応不可能に陥ってしまいます。
このような事故がおきたときのためにも対物賠償保険は無制限のものへの加入をお勧めします。
事故による高額になってしまうことがありえないとおもっていたとしても1千万円を超える交通事故は珍しくありません。

 

車両保険は事故がおきてから十分な対応ができるように備えておくことが大切です。
無制限にしたいけど保険料がかなりあがってしまうのではないかという方もいらっしゃいますが、制限が5000万円と無制限は思っているより金額は上がらず払える範囲にあります。等級、車種の条件でもことなってきますがインターネットで家にいても簡単に見積りできる時代です。一度見積りすることをお勧めします。

 

button

アクサダイレクトもチューリッヒ、アメリカンホーム・ダイレクトなどの任意保険等の外資系損害保険会社と同じく、リスク細分型の任意保険を採用、直販に特化することで各社任意保険の中でも保険料が格安な点で人気があります。

アクサダイレクト自動車損害保険

アクサダイレクト自動車損害保険、最大10000円引き(インターネットからの申し込み)のキャンペーンを行っています。アクサダイレクトにおける珍しいもののひとつに、地震、津波、噴火に対応した任意保険特約があることです。
電話問い合わせ
いくら高い任意保険をかけても、他社など一般的な任意保険では、地震などについては、保険金支払い対象外であることが基本です。アクサダイレクトにおいても、通常の任意保険では、地震・噴火・津波が原因による車両の損害は、補償の対象外です。アクサダイレクトは、保険料が非常に安く抑えられるだけなく、各補償内容も充実しているので、これまでダイレクト保険に踏み切れなかった方でも、アクサダイレクトに加入する人が増えているのも現状です。

 

アクサダイレクトの公式ホームページでは、6つの質問に答え、概算の保険料がわかる保険料スピード診断というサービスを行っているので、ためしに試算してみるのもよいでしょう。

続きを読む≫ 2015/08/09 22:58:09

SBI損保について

SBI損保の自動車保険について

SBI損保は、あいおい損保、SBIホールディングス、加えてソフトバンクが出資し、2008年にその営業を始めたダイレクト型の保険会社です。保険の販売をオンラインに限定し、高いサービスと低価格を実現しています。
走行距離に関わらず保険料が変わらない点が、SBI損保が販売する任意保険の最大の特長といえるでしょう。自動車に乗る機会が多い利用者でも、販売の経路をインターネット上に限定して、その保険料を低価格に抑えているので、保険料が安くなる場合が多いのではないでしょうか。年間の走行距離に関係なく、運転することができます。旅行などの長距離にも車を利用される人にもおススメの任意保険であるといえるでしょう。
電話問い合わせ

 

 

各種割引もあり、インターネットで手続きをすると、保険料が最大で6,000円の割引になるキャンペーンもあります。全国約9600ヵ所(2013年9月末現在)から、距離は無制限(ただし、もよりの修理工場まで無料※)でレッカー移動をしてくれるサービスもあります。

 

そ割引の率もゴールド免許で10%割引など、かなりお得な割引になっており、その他リスクの細分化についても、SBI損保ホームページにて明確に割引率を記載しているので分かりやすくなっています。

続きを読む≫ 2015/08/09 22:57:09

任意保険会社のロードサービスについて、内容を細かく比較してみると、サービス提供の条件やサービス内容などが違うことがわかります。
もしも現在ロードサービスの付帯が無い任意保険加入しているのであれば、保険料とあわせて提供サービスのプランの見直しを行ったほうがよいでしょう。

 

電話問い合わせ

自動車保険の加入

しかし、「自動車関連で困ったときはJAF」「サービスをつけると高額になる」「各社任意保険のロードサービスがどのような事故などのトラブルに対応してもらえるのかをよく知らない」といったような理由で、有益なサービスを受けず、結果損をしているなんて人も少なくはないようです。ロードサービスを付けない考えられる要因としては、「任意保険のロードサービスは、対応してくれる内容・サービスが限られているのでは」「ロードサービスを使うことにより等級が下がってしまい、次回の契約更新時に保険料が上がるなどの影響を与えてしまうのではないか」といった、知識不足による不安によるところが大きいです。

 

保険金が支払われる事故が遭った場合に、等級が下がるので、ロードサービスは事故・トラブルの内容に関わらず何度でも利用することができます。アクサダイレクトでは、レッカー移動については基本35kmとなっていますが、アクサダイレクトの指定修理工場に預ける場合は無制限で無料となるので、修理工場を選ばなければ、レッカー代は無料という事になります。

続きを読む≫ 2015/08/09 22:56:09